2019年 03月 JBL 4312G 試聴レポート

L-100 Classicと4312Gの試聴レポートをします。
両モデルの初代機は共に1970年代に活躍、世界的には"L-100 Century"がヒットしましたが、
日本ではご存知と通り4311,4312などモニター系が大ヒットし、JBLの代名詞となりました。
奇しくも2018年に両者が揃う事は大変驚くと共に、そのフィロソフィーが普遍的であると感じました。
ここでは、4312シリーズの最新"G"モデルについて報告します。

4312シリーズは、JBLを代表する云わば"顔"と呼べる機種です。
歴代より多くの話題と注目を集めてきた分、最新型にも期待が高まります。
基本的な部分は限定モデル"SE"を引き継いながら細部をブラッシュアップ。
外観も伝統的な300mmホワイトコーン・ウーハーを搭載し、一目でわかる意匠です。
"SE"から3ウェイ化された事は、シリーズ史上最大の刷新と言えるかもしれません。
3ウェイ化でよりワイドレンジになり、様々な音楽ソースに対応可能になりました。
聴いた感じは、300mmウーハーのダイナミックな表現とメリハリの利いたサウンドです。
4429などの上位機種の技術が利いているのか、特定の部分を強調した感じはありません。
モニター的な性能も難なくこなしつつ、きちんとJBLの遺伝子を引き継いでいます。
ベテランから初めてオーディオに触れる方まで幅広くおすすめ出来る製品です。
試聴を終えて
L-100 Classicと4312Gは共に1970年台にルーツを持つ製品達です。
両者ともK2 S5800で培われたユニットや技術を用いて開発されました。
この双子の兄弟達は明確なコンセプトの下、全く違うサウンドを提供してくれました。
4312は半世紀にわたり改良を加えながら"G"モデルまで成長を続けました。
L-100は半世紀の時を経て、再度私たちの前に戻ってきてくれました。
2018年にこの兄弟達が再び出会った偶然が、今回の試聴会の最大の意義だと思います。
JBLは、創業者を始め多くの技術者の情熱と先進的な製品で世に問いかけて来ました。
そしてこの面白いメーカーには、まだ沢山の遺産が眠っています。
これからもJBLはそうであって欲しいと願っています。

ページのトップへ戻る

IN THE MOOD
〒761-8081
高松市成合町25-2
TEL:
087-885-5484
FAX:
087-885-5607
営業時間:
AM10:00~PM6:00
定休日:水曜、木曜日
ページのトップへ戻る